DHA・EPAとは

DHA・EPAとは

DHAEPAとは、
脂肪酸の中の不飽和脂肪酸で、
その不飽和脂肪酸の中の多価不飽和脂肪酸に分類されます。

 

 

多価不飽和脂肪酸は、
さらに、n-3系(オメガ3)とn-6系(オメガ6)に分けられます。

 

 

どちらも体内合成できないため、
食事やサプリメントで摂取しなければならない脂肪酸です。

 

 

このように、体内合成できない脂肪酸を必須脂肪酸といいます。

 

 

n-3系(オメガ3)は、魚などに多く含まれるDHA・EPA、
シソ油,エゴマ油,アマニ油などに多く含まれるαリノレン酸です。

 

 

n-6系(オメガ6系)は、コーン油,サフラワー油,ひまわり油などに多く含まれるリノール酸、
その他γリノレン酸,ジホモγリノレン酸,アラキドン酸などがあります。

 

 

多価不飽和脂肪酸は、細胞膜の材料として使われたり、
高血圧の予防や血液サラサラ効果、心臓血管系疾患を予防、
コレステロール改善など、動脈硬化の改善など現代人には必要な働きがあります。

 

 

その中で、特に重要な多価不飽和脂肪酸はn-3系(オメガ3)のDHA・EPAなのです。

 

 

DHAとは、ドコサヘキサエン酸の略称で、体内では作ることのできない脂肪酸です。

 

 

DHAには、動脈硬化の予防や、中性脂肪を減少の効果があります。

 

 

また、DHAには脳の活性化や視力の向上、アトピー性皮膚炎の改善にも効果があります。

 

 

EPAとは、エイコサペンタエン酸の略称で、体内では作ることのできない脂肪酸です。

 

 

効果はDHAと似ていますが、コレステロール低下作用はDHAの方が高いが、
中性脂肪を減少作用については、EPAの方が高いという違いもあります。

 

 

また、DHAは脳にまで運ばれますが、EPAは脳まで運ばれません。

 

 

EPAにはアレルギー反応の制御、敏感肌の改善や動脈硬化予防、
脳卒中の予防、癌の予防などに効果があるといわれています。

 

 

このように、似て非なる働きのあるDHA・EPAは
常に不足しがちな栄養成分ですので、食事やサプリメントで上手に補いましょう。